大代東町内会のイベントや、町内会の会則などを紹介・掲載しています。

大代東町内会の概要

多賀城市は東西に長い地形であるが、大代東町内会はその東に位置しています。西に貞山運河、東は、大代南区、七ヶ浜町遠山区と隣接し、市内中心部からは、貞山運河にかかる中峯橋と橋本橋を渡り町内へと通じています。地形は丘陵地であり、大部分が住宅地です。
  P1080477

貞山運河にかかる中峯橋

  P1080477

貞山運河と、その歴史の様子を
伝えるモザイク画

 
町内には柏木神社、柏幼稚園、氏家胃腸科・内科医院、生協大代店の施設、また、県営多賀城中峯住宅、20世帯入居2棟、同じく県営多賀城大代住宅、16世帯入居3棟、その他、個人所有の賃貸住宅の入居者が町内人口の半数が占めています。
  P1080477

柏幼稚園の外観
奥にあるのは柏木神社の鳥居です

 
区は、両区(現南区・東区)の委員による分区検討委員会を立ち上げ、区の名称、区の線引き、財産の分与等半年掛け十数回の検討、平成6年3月27日に設立総会を開催し、経過説明、会則、役員構成と役員の承認を受け、平成6年4月1日に南区と分区し「大代東区」として発足しました。世帯数役350世帯、人口930人。
  P1080477

貞山運河の近くにある県営住宅

PAGETOP
Copyright © 大代東町内会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.