8月11日、「山の日」に鳥海山(2,236m)に行ってきました。

今回は、今から46年前(昭和46年9月)に3人で行った同じコースを歩きました。7合目にある御浜小屋に泊まって、頂上を目指そうと計画したのです。

その当時は今のような車ではなく、電車を利用しての登山でした。記録を見ると、家から本塩釜駅まで歩いて行き、小牛田駅で乗り換えし酒田へ。そこから鳥海ブルーラインで秋田側の登山である鉾立まで行き山に入りました。現在は高速道を利用することで、健脚の方は日帰りも可能かもしれません。

今回は車を利用し、山形自動車道から鉾立へ。どんよりした空模様の中を歩き始めたが、小屋に着いた午後2時頃もいつ降ってもおかしくない空模様は変わらず、頂上が見えるはずが一向に見えず、少し寒さを感じながら夕食後早めに寝袋に入りました。

午前1時頃にトイレに起きた時には象潟の市街地の電灯がきれいに、しかもこんなにも近くに見えるものなのかと思えたほどでした。天気が良くなると思い、また願いながら、ひと寝しました。

11日は5時30分に朝食を摂り出発、昨日は予想も出来なかった天気になっていました。

あとは写真を見てもらえれば・・・と思います。

今年の天気は小屋の管理人さんも予想が出来ませんでした。また今回とは別なコースを15回ほど登っていますが、こんなに混み合った鳥海山は初めてでありました。

また、七高山の頂上で先に勤めていた職場の後輩から声をかけられびっくりした山行でした。

前日10日、鉾立駐車場と登山口です。


 

元気をくれた花々と空模様










 

御浜小屋です



 

小屋のすぐ下の、鳥海湖

 

小屋から頂上の方角です

 

当日8月11日「山の日」、小屋から頂上がはっきりと確認できます。

左側の奥が頂上です

 

完全に晴れています

 

千蛇谷コースの雪渓です(雪渓まで下り、登り返す)

 

帰りに下る外輪山コース(右奥に小屋が小さく見えます)

 

頂上へと続く岩場のコース

 

頂上直下の御室(頂上小屋)

 

頂上に登った証(混雑していて10分もしないで下りに入る)

 

七高山の頂上

 

七高山からの御室と残雪と山頂



 

下りの外輪山コース。咲き誇っていた花々とトンボ